• 2006年8月9-27日USA+カナダ 248>
    2006年8月24日 私の中でアトランタはスカーレット・オハラと重なっていた。この土地を舞台にした小説「風と共に去りぬ」があまりにも有名で想像を膨らませてアトランタに着いた。 が、現在のアトランタは見渡す限り高層ビルが立ち並び、南部の経済をリード・・・
  • 2008年1月21日USA 132>
    2008年1月25日-26日 ここでは嬉しい再会ができた。70か所ほどのリッツカールトンに滞在していると、別のホテルで会ったスタッフの方が移動していて再会できることがある。日本を発つ前に「一人のスタッフがFUKIKOの到着を心待ちにしています」とメ・・・
  • 2011,1,25シャルロット (50)>
    2011年1月26日 アメリカ国内では17番目の都市ながら、アメリカ金融の中心地である。 バンクオブアメリカが本社をここに置いているのをはじめ、いくつかの銀行の本社がある。 ホテルのゲストは、ビジネスマン風な人がほとんどだった。 部屋に入ると・・・
  • 2006年8月9-27日USA+カナダ 123>
    2006年8月17日 20年ほど前に友人の結婚式で訪れて以来のセントルイス訪問である。空港からタクシーでホテルに着くと、どのようにして私の到着時間を知ったのか、玄関で数人のスタッフが出迎えてくれた。その中の一人はシルバーのお盆に、氷がたくさん入った・・・
  • Ritz_NewOrleans_00094_Gallery[1]>
    2006年12月15日-16日 ハリケーンに襲われ、長い間休業を余儀なくされていたが、半分の施設が修復されたと聞いたので、早速泊まりに行った。ハリケーン災害の時には、ホテルスタッフが地元の住民を助けたストーリーがたくさん語り継がれている。 ニュー・・・
  • 2006年8月9-27日USA+カナダ 218>
    2006年8月22日 ここでの滞在は部屋がホテルで一番広いスイートであったことも印象に残っているが、一人旅で一番困る。メインダイニングでの夕食をスタッフのご夫妻が同席してくれたことだった。  アトランタとオーガスタのほぼ中間に広がるレイノルズ・プ・・・
  • Ritz_Buckhead_00365_Gallery[1]>
    2006年8月23日 アトランタのダウンタウンから北へ十分ほど車を走らせると、南部でも指折りの高級住宅地バックヘッドにたどり着く。その一角に立つこのホテルは、リッツ・カールトンの会社設立とほぼ同時期にオープンしたホテル。  こちらはより優雅でゆっ・・・